スポーツに怪我はつきものです。しかし怪我せず健康的にできるのが一番ですよね。

自分の本来の力を発揮する事ができ、試合や練習の結果もよくなります。しかしいったんスポーツ障害などにかかってしまうと、治るまでに時間がかかってしまうのでとても厄介です。

日頃から関節や筋肉を痛めないように配慮しておく必要があるでしょう。

大事な予防法[身体に無理のないフォームに変える」

腰や肩、ひざを痛めてしまう原因は様々ですが、無理なフォームによって身体に負担がかかり、柔軟さを失い、身体が故障してしまう場合があります。

その部分に大きな負担が加わってしまうと、身体は炎症を起こしてしまうでしょう。
勿論、身体に負荷が加わったからといっていつでも炎症が起こるとは限りませんが、ウォーミングアップが不十分な時や筋トレ不足の時などは簡単に痛めてしまいます。

重心も大事

無理のないフォームといっても少しわかりづらいですよね。負担が軽くなるか重くなるかは実は「重心」にかかっています。重心をどこに置くかによって、身体への負担を調節できるのです。身体に負担のかかりにくい重心をかけてみてください。

野球であれば変化球にご注意

急に大きな力を加える場合には、やはり関節や筋肉に大きな負担がかかってしまいます。そのため、野球であれば変化球を投げる時などは十分気を付けた方がいいでしょう。

投げないようにするに越した事ありませんが、準備運動をしっかりしておくことなどを徹底すると、怪我しにくくなります。