少年野球の試合

腰痛は野球選手に多い症状でもあります。野球で慢性的な腰痛になってしまうと大変つらくなってしまうので、日頃から腰痛にならないよう気をつけましょう。腰痛になってしまった時は整体サロンで腰のマッサージを受けるのも効果的です。

 

そもそも腰痛の原因とは

アスリートたちがよくなる腰痛の原因で多いのは、過剰に使いすぎてしまった事です。要するに「オーバーユース」という事ですね。過酷な練習や試合によって腰を使いすぎたために炎症が出てしまい、痛みが生じてしまうのです。腰の筋力が低下している、柔軟性に欠けているというわけではないのです。これは病院でもよく聞く話しでしょう。

腰の筋肉に過剰な負担がかかって痛みが出ている

腰痛は野球以外のスポーツにも多く見られるもので、痛みの中で最も頻度が高いと言われています。腰の痛みを単純に「腰痛」と言っていますが、これは腰の痛みを全般的に捉えたものであり、実際には複数の種類があります。運動選手によく見られるのは、腰の筋肉組織などに過剰な負担がかかって痛みが生じたものです。

腰痛になる人、ならない人

腰痛になりやすい人と、腰痛になりにくい人の違いは、バットのスイングフォームの違いにもあります。特に小さい頃の良くないクセは、大人になってもなかなか抜けないので、子供時代にどれだけ正しいフォームを身につけるかで、将来が大きく変わってしまいます。

腰痛になりにくい人のバッティングフォームは、動きに無駄がなく、バットに力が伝わりやすいので、打撃の成績も良い人が多いのです。

バッティング 上達で一番大切なことは、正しい方法を実践することなので、実績のある人のアドバイスを参考にしてみるのもよいでしょう。

マッサージや電気治療では解決しない事がある?

恐らく多くの方は腰痛を治療するために病院に行かれるでしょう。しかしそこでマッサージや電気治療を使って「腰を引っ張る」といった治療をしても、思うように改善されず不満になった人もいるでしょう。気持ち良くてもさほど効果がでない場合もあるでしょう。スポーツによる腰痛はそんなに単純な事ではないので、マッサージや電気治療では簡単に改善しないのです